雑感20200512-近況報告-ブログタイトルのコツ忘れた

雑感

サムネは去年、仕事中に迷い込んだ天体望遠鏡施設。

前回の記事で今年の目標を「ブログを書くことを習慣化する」と曖昧なのを立ててから半年くらい経ってて、我ながらあきれます。

こんばんわ、スイコです。

ここ一年筋トレに頭をやられてしまって、

なんなら「あああー、ブログってなんだったっけ?」みたいな感覚だったんですが。

何度目かのリハビリ感覚の近況報告です。どうしても、ブログは酒飲みながらじゃないと書けない…

筋トレ一年継続できた

相変わらず筋トレは楽しいです。自主的に独学でやってることで言えばラップ以来の快挙です。ぶっちゃけラップより向いてる。

ライブで映えるボーカルになるために始めたことでしたが、「どうやったらより効率良く筋肉はつくだろうか」「どうやら分割法がいいらしい」「まずは食事だ」とか毎日情報かき集めては実践して修正してを繰り返しているうちに完全に生活の一部になった感があります。

小島瑠璃子a.k.aこじるりがなんか「筋トレが世の中で一番意味がわからない」的なこと言って炎上してましたが、僕もなんなら一年前はそっち派だったのが今では不思議です。

なんかボディビルダーの誰かは忘れたんですが、「ボディビルの起源はギリシャ彫刻の美しい肉体になりたいという動機から始まった」と言ってました。

そう考えると、筋トレの向かうところ最高峰がボディビルダーなんだとしたら、筋トレとは自分の体を素材とした彫刻だと考えることができるなあと思って、超クリエイティブな創作活動だなと思います。その辺が自分的に腑に落ちるし、やりがいを感じるところでした。

この一年、筋トレを試行錯誤しながら楽しんだ一年は結構充実してたと思います。

気になることがあると言えば、別に大して筋肉つかなかったことです。

ライブしたくてもできない期間に感じること

コロナウィルスによる自粛が始まって長いですが、その間にバンドを中心としたライブハウスの状況はすごく変わってしまったなあと感じます。

もうコロナ以前のような、毎週末ライブでバンドもお客さんも必ずワイワイするようなシーンには戻れないんじゃないかと感じるくらい。

コロナが落ち着いたとしても、新規のお客さんがライブハウスに行こうかなとなるハードルはすごく上がったはずです。既存のお客さんばかりで新しい人が増えないとなると今後縮小していくのは明らかです。

なんかの記事で「CDが売れない今、アーティストの収益メインはライブや物販等の現場になった」みたいなことを述べてるアーティストがいましたが、それも今後はあてにならないかもしれません。

僕の所属するSOERHT、F.O.Gもこの状況になんの活路も見いだせてないところですが(そもそも自粛で集まれないから話せてない、ZOOM?何それ?)、今まで目を向けてこなかった発信のしかたをしていかないとならないなあと考えているところです。

F.O.Gについては、近々変な発表をします。楽しみにしていてください。

大地ッチくんのブログが

なんでブログ今日書いたかっていうと、Twitterに個人的に今日すごく嬉しいツイートがあったからです。

鹿児島のバンドマンで後輩(とは思えない風格のある)の大地くんがブログ始めたのは知ってて楽しんで読んでたんですが、新しい記事で僕の記事が引用されてて…ここ最近で筋トレの次にテンション上がりました。

しかも引用してるのは当時の僕が一生懸命な気持ちで書いたやつなんで尚更でした。

一生懸命やったことが最高とはならないし認められるかどうかとはなんも関係ないとは重々承知なんですが、「あいつかっこいいなあ」と思ってたやつに引用してもらえるのはすごく嬉しいものです。

自分のブログのアナリティクスたまにみてるんですが、「全然書いてないのに誰が読んでんだ?」てくらい毎日平均20アクセスくらいあったんですが、その一部は大地くんだったんですね。嬉しいです。

大地くんのブログはファッションに強そう、しかも創作的な匂いがするからすごく読まれるような気がします。というかおすすめです。あとOPENCAGEのテーマ使ってて見やすい。俺より使いこなしてる。

大地くんのブログ→https://daichicchi.com

僕の最近の創作といえばこの自粛期間で暇すぎて始めた、カケラもセンスを感じないアクアリウムです。

何これ

アフターコロナも楽しく過ごせるように

どうしようもなく要領の悪い僕です。

会社には本当に迷惑かけまくりだし、筋トレは頑張ってもいまだにメタボだし、バンド頑張ってるようでもいまだにシャッフルビートとかなんなのかよくわからないし。

あー、とか思ってても大地くんのブログ1つでウヲヲををー!みたいなブログ欲が筋トレ欲に勝るような順序のふわふわしてる僕です。つまり、ごく普通の人です。

そんな感じでも楽しく暮らせるような世の中になれるよう、しょぼくても発信して行こうかなと思います。

それでは。

おやすみなさい。